概要

ファンドの名称 CiP I投資事業有限責任組合(CiPファンド)
 ※適格機関投資家等特例業務届出者/無限責任組合員|イースト・インベストメント・キャピタルGP株式会社
ファンドの目的 CiP協議会の構想に基づき、事業投資を通じた、「人材育成」及び「起業支援」により「デジタル×コンテンツ産業集積地の実現」を図ること。
戦略アドバイザーグループ 稲蔭正彦
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科委員長)
稲田修一
(元東京大学先端科学技術研究センター特任教授)
稲見昌彦
(東京大学先端科学技術研究センター教授)
運用実務担当 イースト・インベストメント・キャピタルGP株式会社(EIC)

 

アドバイザリーコミッティー


中村伊知哉(CiP協議会理事長)


ごあいさつ
 
 「シリコンバレーとハリウッドの日本版融合」としてデジタル×コンテンツのクラスターを形成します。技術、デザイン、教育、ビジネスを結合し、クールジャパンとIoTの発信拠点となります。「21世紀の出島」を作ります。
 CiP発足時のビジョンでは、その上で起業支援を進め、資金の出し手と起業家とのマッチングを行うこととしていました。その基盤が整います。産学官が集積する濃密なコミュニティに設けるファンド。ご期待ください。



・ 郵政省、MITメディアラボ客員教授、スタンフォード日本センター研究所長等を経て慶應義塾大学教授(現職)
・ 一般社団法人融合研究所所長、一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム理事長、
  一般社団法人デジタル教科書教材協議会副会長・専務理事、CANVAS副理事長、吉本興業社外取締役などを兼務
  京都大学経済学部卒、大阪大学大学院博士課程単位取得退学、
  慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科で博士号(博士(政策・メディア)、2008年)取得
 


 
菊池尚人(CiP協議会専務理事)
・ 郵政省、コロムビアミュージックエンターテインメント インディペンデントコロムビア 代表、慶應義塾大学特任教授(現職)
・ 慶應義塾大学 経済学部卒(1993年)、École supérieure de commerce de Parisプログラム修了
 


 
古瀬洋一郎(EICアドバイザー)
・ 住友銀行常務、三洋電機副社長、マツダ専務、ペルミラ日本会長等歴任
・ 大阪大学法学部卒(1964年)、米ノースウエスタン大学経営大学院卒
 


 
加藤有治(EIC代表)
・ 郵政省、OECD、モルガンスタンレー、ペルミラ日本代表等を経て、現職
・ 京都大学経済学部卒(1990年)、米エール大学経営大学院卒